FC2ブログ

接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを

接吻キングこと小沢とおる氏の作品を中心にどの作品でオナニーをすれば良いかを探ります。キス、接吻、よだれ、ベロチューマニア必見。
接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを TOP  >  スポンサー広告 >  オナニーの雑学 >  オーガズムの感覚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーガズムの感覚

絶頂、イク、達する、至る、昇天する、アクメとも表現されます、快感が最高潮になった状態をオーガズム(オルガスムス)といいます。男性の射精に該当します。

肉体的には膣壁、子宮、肛門、尿道の括約筋が強く、リズミカル(0,8秒間隔で3~5回)に収縮している状態の事です。この時女性は、腰を浮かせて状態を反らせ、太腿から下腹に力が入り、大きく息を吸い込んだまま1~2秒間呼吸が止まります。肛門や下腹から、「波状の熱い何か」が頭に向かって昇ってくる階段を「イキそう」といい、その波が頭に到達した瞬間がオーガズムです。頭がボオォと白くなり、全身に快感が行き渡ります。人によっては失神、失禁、潮吹きが起こります。

オーガズムは、誰もがいつでも感じる訳ではありません。特に性感が開発されていない人は、なかなか感覚が掴めないものです。習慣的にオナニーを行うようになってから、オーガズムを体験するまでになるには数ヶ月以上かかります。またクリトリス、Gスポットと関係が深いとされ、この2点への刺激が足らないと感じられません。

ですがオナニーを1度経験すると、オナニー毎に感じる事が可能になります。

オーガズムを感じた後は、括約筋の収縮が弱く、数秒おきになってゆき、やがてはおさまります。それに比例して、性的興奮も落ち着いていきます。

オーガズムを感じられないままオナニーを止めると、興奮して膨張したクリトリスや性器が元に戻りにくく、従って興奮も冷めないため、ムラムラした気分が持続することになります。これが欲求不満の正体です。
関連記事
[ 2007年05月01日 18:28 ] カテゴリ:オナニーの雑学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

接吻キングファン

Author:接吻キングファン
毎日どの小沢とおる作品でオナニーをするかが日課となっております。

ブロとも申請フォーム

オナニーのために
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。