FC2ブログ

接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを

接吻キングこと小沢とおる氏の作品を中心にどの作品でオナニーをすれば良いかを探ります。キス、接吻、よだれ、ベロチューマニア必見。
接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを TOP  >  スポンサー広告 >  女のオナニー >  オナニー時の脚、背中、脇腹へのフィンガーテクニック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オナニー時の脚、背中、脇腹へのフィンガーテクニック

脚、背中、脇腹に共通するオナニー時の愛撫方法は、「くすぐり」です。激しさはありませんが、ゆっくりと虫が這うような、ねちっこくてイヤラシイ感触を楽しめます。最もゾクゾクするのは、背中の下の方(脇腹から背中にかけて)と、太腿の前部、内股です。

掌全体を使う場合は、肌につくつかないかのスレスレを、そっと這わせます。肌同士が近づいている気配だけでもくすぐったく感じますが、予期せず肌が触れ合ってしまった時に、全身に電流が走ります。

5本の指を立て、肌の上を滑らせる方法もあります。特に内股は、指先の気配に敏感です。爪が長い人は指の腹でもOKですが、爪を短く切った先端を使うのが、一番きもちいいです。指先を肌に優しく触れさせたまま、太腿から背中へとゆっくり移動させると、その部分に鳥肌が立ちます。同じ箇所ばかりを愛撫していると、皮膚が順応して刺激が落ちてしまうので、順番に隅々を愛撫するのがオナニー時でのコツです。

微かに小さな虫が全身を動き回っているような感覚に、背筋に悪寒が走って、思わず震えてしまいます。やがて、徐々にではあるが鼓動が荒くなって、気付いた時には心身ともに興奮状態に入っているのです。

これで充分肌を愛撫して、次に乳房や性器の愛撫にステップアップさせると、感度も倍増します。

オーガズムは期待できませんが、目を閉じて皮膚に神経を集中させると、呼吸も忘れてしまうほど心地よいのです。

関連記事
[ 2007年05月29日 14:20 ] カテゴリ:女のオナニー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

接吻キングファン

Author:接吻キングファン
毎日どの小沢とおる作品でオナニーをするかが日課となっております。

ブロとも申請フォーム

オナニーのために
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。