FC2ブログ

接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを

接吻キングこと小沢とおる氏の作品を中心にどの作品でオナニーをすれば良いかを探ります。キス、接吻、よだれ、ベロチューマニア必見。
接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを TOP  >  スポンサー広告 >  女のオナニー >  フィンガーテクニック編 膣口へのオナニー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィンガーテクニック編 膣口へのオナニー

大胆に奥まで指を挿入できない女性は、まず膣口付近の愛撫から始めることをお勧めします。

挿入する指は、人指し指と中指の2本を使います。空いた片手で膣口を広げ、指は揃えたままでゆっくり沈めていきます。通常膣は膣圧でつぶれ、膣壁同士が密着しています。興奮している時は、血管が充血してい膣壁が膨らんでいるからなおされで、ほんの1cm入れただけで、窮屈な膣の様子が指先に伝わってきます。そして、幾重にも重なったヒダの感触もわかるはずです。2cmほど挿入したら、指をやや「く」の字に曲げてピストンして、そのヒダを擦るのが膣口への愛撫方法です。指の腹にヒダの凹凸をしっかり感じながら、リズムをつけて出し入れします。

膣の入り口の淵の部分には、神経が密集しているので、ちょっと擦っただけで子宮がうずくような会館がありますが、膣のヒダは鈍感で、触っているのはわかりますが、身体の芯までビクビク痺れるような刺激はありません。局部麻酔を打った箇所を触っているみたいな、ずいぶんと間接的な感覚なのです。

そんな遠回りな性感が、ヒダの魅力です。はっきりしない感覚は、精神的にもどかしくて、嫌が応にも膣に意識が集中します。すると益々膣壁が膨れて、愛液が大量分泌されるので、無感覚なのにどんどん興奮するという不思議な状態に陥っていくのです。肉ヒダの手触りも、柔らかいけど固いです。

関連記事
[ 2007年06月10日 19:57 ] カテゴリ:女のオナニー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

接吻キングファン

Author:接吻キングファン
毎日どの小沢とおる作品でオナニーをするかが日課となっております。

ブロとも申請フォーム

オナニーのために
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。