FC2ブログ

接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを

接吻キングこと小沢とおる氏の作品を中心にどの作品でオナニーをすれば良いかを探ります。キス、接吻、よだれ、ベロチューマニア必見。
接吻キング AV男優、小沢とおる出演作品でオナニーを TOP  >  スポンサー広告 >  オナニーの雑学 >  氷でオナニー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

氷でオナニー

氷の感触は、夏限定の爽快さです。冷んやりしているのもさることながら、サラッとしてべとつかないのも気持ちいいです。乳房や体全体の愛撫はもちろん、膣に挿入してもOKです。

●オナニー向きの氷

氷はすぐに溶けてしまうので、なるべく大きめで、挿入しやすい三角錐型を選ぶと扱いやすいです。家庭用の製氷皿ではなく、コンビニなどで売られている、形が不揃いな氷を購入していくといいでしょう。

●氷のオナニー使用法

どんなに角ばって尖った氷も、肌に付けた瞬間にシュワーと溶けて、丸みを帯びるので傷がつく心配はありません。最初に尖った部分を腕や脚の愛撫に使用すると、適度に角が落ちてくれるので、順次身体に這わせてからデリケートなところに当てます。クリトリスの周辺を円を描き、氷塊がピンポン玉よりやや大きいくらいになったら膣に挿入します。入れっぱなしにせずに、こまめに出し入れして、性器周辺に這わせるようにして愛撫します。

●性感

火照った肌に、ピンと神経が研ぎ澄まされているような緊張感。氷の鋭角的な冷たさは、まるで爪をたてて愛撫されているようで、自然に皮膚が敏感になっていきます。そこに、瞬時に溶けた氷が液体となって身体をスルリ、スルリと伝わっていくのが、くすぐったく感じます。膣内部は鈍感で、大きい塊なら多少の異物感を感じますが、すぐに溶けてしまうこともあって、それほど快感はありません。奥よりむしろ、小陰唇のシワをなぞる方が、身体が思わずピクンと跳ねるほどの衝撃があります。

関連記事
[ 2007年07月12日 19:44 ] カテゴリ:オナニーの雑学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

接吻キングファン

Author:接吻キングファン
毎日どの小沢とおる作品でオナニーをするかが日課となっております。

ブロとも申請フォーム

オナニーのために
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。